機械化が進む工場の求人の業務内容

機械が進む工場で、人の仕事はあるの?

無人レジや配膳ロボットなどを見かけるようになった今、工場でも自動化・機械化が進みつつあります。こういった工場のことをスマートファクトリーと呼びますが、人間であればどうしても発生してしまうミスや事故を防げるだけでなく、急なスタッフの休みなどを恐れる必要もなくなります。しかし全ての工場を機械化できるかと言えばそうではありませんし、機械化が進んだ工場でも「機械(マシン)オペレーター」と呼ばれる人材が必要とされるケース見られます。機械オペレーターは、機械を操作すると同時に、コンピューター制御が難しい加工する素材の準備やセッティングなどを行います。人と機械が協力して一つの製品を作り出そうとしている、といっても良いかもしれません。

機械オペレーターも経験やスキルが必要

機械化の目的の一つは、「どんな人が操作しても、同じ品質の製品を作り上げられること」ではありますが、実際は必ずしもそういうわけにはいきません。というのも、機械にはそれぞれのクセと呼ばれるものが存在します。特定の機械だけまっすぐに動かしているつもりでも微妙に曲がりやすいとか、そういった類のものです。機械オペレーターはマニュアルにある一般的な操作だけでなく、作業時の微調整などを繰り返して熟練していく必要があります。また、機械であっても突然壊れてしまうこともあり得るでしょう。そういったトラブル発生時、慌てることなく機械の修理を行えるスキルが大切です。更に機械オペレーター向きの国家資格などもありますので、働きながらスキルアップをしていく人も珍しくありません。

Close