流れ作業の工場の求人は継続性が重要

睡魔と戦う根気強さ!

工場見学などでベルトコンベアーで流れた商品を見たことがありますか?同じ速度で同じ状態で商品を生み出している状態のすごさを感じた方も多いことでしょう。機械がすべて作業をしてくれる工場は、出来栄えの調整や確認は人がするところで、細やかな注意が必要であり、規定外商品を出荷しては会社の信用問題に影響を与える大変な仕事です。 他にも流れてきた商品に人の手で加工することもあります。この場合は作業の枠組みが厳しく決められ、その場を完璧にやり遂げたものを次の作業に引き継がないといけません。速さと確実性が重要とされます。工場はたいてい、作業時間と休憩時間が決まっているので、疲れても作業中は休めず、大変根気のいる仕事です。私はバイト経験がありますが、1時間同じ体制で同じ作業に睡魔が襲い、注意された経験があります。

流れ作業の継続は力なり!

大変さを感じる流れ作業ですが、実は慣れると心地よくなります。運転免許を取りたての頃は、緊張してハンドルを握り、ガッチガチで運転することでしょう。しかし、慣れてくると手の力も緩み、スムーズでポイントを押さえたメリハリのある運転ができます。それと同じで、流れ作業も慣れてくると、身体が勝手に動き、不思議とスピードと確実性も上がってきます。もちろんじっとしているのが苦手だったり、同じ作業が苦痛と感じる方もいると思いますが、作って出来上がる工程は面白さもあります。また、コミュニケーションも最初に指導を受けたり、指示があるくらいで、対人関係が苦手な方にはお勧めな仕事だと思います。流れ作業を継続すると力になること間違いなしです。

Close