検品作業は機械化している工場でも重要な業務

なぜ検品は重要なのか

多くの工場ではオートマチック化していて、人の力に頼らなくてもほとんどをロボットが行ってくれる所もあります。ただ、全てをロボットで置き換えられない場合もあり、そこは人の力に頼っています。例えば、検品がそれにあたり、人の目による最終チェックを実施している所は多いです。何故なら、ロボットが気付かないようなことも人なら気付けてしまう場合もあるからです。ロボットは機械的に検査をすることが出来ますが、プログラムされていない部分には基本的に反応しません。人間なら臨機応変に、何か問題があれば気付ける場合もあります。ただ見るだけの簡単な作業でも、商品の不良品を発見する重要な仕事ですので、検品の仕事は非常にやりがいのある仕事です。

数を数えるのも検品の仕事

検品の仕事は商品の品質をチェックする他に、商品の入荷や出荷の個数を数えるのも仕事です。企業が何か製品を作る際に、素材や部材を仕入れますが、購入した品物が正しい数あるのか調べます。原材料の個数が間違っていると、生産に支障が出てしまいますので、こちらも責任重大な仕事です。また、出荷検品では取引先などに出荷する個数の数を確認します。後から数が足りないと言われないためには、ミスが内容に確認することが大切です。更に、出荷する際にも人に目によって、傷や汚れが無いかも合わせて確認することもあります。検品の仕事は気を使う部分もありますので、機械的に個数を数えるのが好きな人や、不良品に直ぐ気付ける人が向いています。

Close