工場で機械化できない細かな作業が中心

機械の仕上げやサポートを行う

工場では、何らかの製品を作りますが、その工程の大部分は機械化されていることが多いです。特に、長期に渡って同じ製品を大量に作る工場であれば、機械化されている可能性が高いです。ただ、機械が工程の全てをこなせるとは限りません。特に、完成した製品の動作確認や、梱包後の運搬などは、機械化していない工場が多いです。製品の動作は、機械では不可能な細かな確認が必要になります。そして、運搬は、離れたところまで運ぶため、機械化するのが現実的ではありません。そのような、機械では実現不可能な作業を、人が担当します。

また、機械が使用する部品や素材を供給するのも、主に人の仕事です。製品の運搬と同じように、倉庫から部品や素材を持って来るのは、人が行った方が効率が良いからです。

機械ではなく人の作業が中心になることもある

工場は、全てが機械化されているとは限りません。中には、あまり機械化が進んでいない工場もあります。もちろん予算が足りないため、機械化できない場合もあります。しかし、機械ではできない細かな作業が中心であるので、機械ではなく人が作業をすることもあります。そして、人の作業が中心になるものとして代表的なのが、ライン作業と呼ばれる仕事です。ベルトコンベアの上を流れてくる部品に、人が手を加えて製品を作り上げていくシステムです。ライン作業では、機械化されているのはベルトコンベアくらいで、後は人の作業が中心です。そのため、季節によって異なる製品を作り上げたり、既存の製品にアレンジを加えたりといった、細かな対応が可能となります。

Close