同じことを淡々とこなしていくのが流れ作業の特徴

流れ作業ってどんなことをするの?

工場の求人でよく見かける言葉の一つに「流れ作業」というものがあります。これは、ベルトコンベアなどで物品などが運ばれていき、各担当者はその場から動かずに決められた作業のみこなす、という製造業などでよく見られる製造方式のことを意味しています。自動車などの大型で大量の作業工程が必要な機器などを大量生産したい時、少人数が全ての製造工程をこなそうとすると、とても非効率的です。しかし流れ作業によって、一つのパーツを取り付ける担当者を一人ずつ配置して、次から次へと車体に部品を取り付けていけば、作業効率が上がるだけでなく、単純な作業であるためにケアレスミスも防ぎやすくなります。このため、そういった作業分担が可能な工場では流れ作業が一般的に取り入れられているのです。

どんな人に向いているの?

流れ作業が取り入れられている工場は、大量の商品をミスなく生産することを重視しているため、「仕事を始めた直後は、スピードについていけなくて疲れる」といった感想を抱く人は決して少なくありません。単純な作業を淡々と続ける集中力と、自分のペースではなく、周りのペースに合わせて進んでいく商品に対して、常に同じ品質となるように作業する精神力も必要です。一方で、常に同じ作業を黙々と続ける必要があるので、例えばレジ打ちやホールスタッフのような接客業など、様々な人と会話し、時には臨機応変な対応を求められる仕事は苦手だと思う人におすすめです。作業内容によっては下を向いて作業し続けたり、ベルトコンベアの高さが合わなかったりして足腰への負担が多くなりがちと言われるため、体力や筋力もあった方が安心できます。

Close